カテゴリ:旅行:パタゴニア( 12 )

e0204850_6584165.jpg 


 パイネ国立公園に行って、最終日に泊まったカラファテのホテル。
地球の歩き方2011では一番上に載っているホテルです。




e0204850_6594187.jpg

 カラファテのホテルは大体こんなウッディーな山荘風のホテルが多いです。
 ここはちょっと古いけど、Psada Los Alamosよりファアミリーなかんじのホテルとガイドさんに聞いたので、それもいいかな??045.gif



e0204850_761296.jpg


 ロビーとバー。







e0204850_77533.jpg



 バーの向こう側にもう1室あって、暖炉とソファー。
軽食が食べられるようになっています。




e0204850_791642.jpg
 その同じ部屋にプールバーと
卓球台!?
温泉宿みたいです!!037.gif
 Psada Los Alamosにもありましたが、多分ここは秋から冬にかけて、夜すぐに暗くなってしまい、しかも寒いから、外でふらふら散歩って事にならないから、こんな室内遊び用具がホテルにあるんだと思います。

 私はブリッジ仲間と来れば、多分退屈無しです037.gif
e0204850_72223.jpg


 3階にはフィットネス、







e0204850_7235481.jpg




                 ジャグジー&サウナ







e0204850_7254227.jpg




 マッサージ(これは別料金)





e0204850_7271111.jpg


 テラスで日光浴も出来ます。


 ゴージャスではありませんが、一応の設備は整っています。034.gif


e0204850_7283983.jpg



 おなじく3階、フィットネスセンターの横にはビジネスセンター。
パソコンが無料で使えます。

 というか、部屋でのネットが弱すぎて、ほとんどつながらず、みんなここで見るしか無いようです。いつも混んでいて、なかなか使いたい時に使えません。025.gif



 
e0204850_7345844.jpg




 庭はここもゆったりあり、読書したりしています。
静かです。




 朝食は普通です。
e0204850_8261183.jpg




シリアル&ジュース



e0204850_829153.jpg



オートミール&フルーツ(缶詰です)






e0204850_8302088.jpg



ハム&チーズ






e0204850_831427.jpg



スクランブルエッグ







e0204850_8323685.jpg



 ソーセージ&ポテト





e0204850_845893.jpg


 パン類はたくさん。
甘味のものも多いです。(マッフィンやリンゴタルトなど)







e0204850_8471990.jpg

飲み物







 レセプションの女性も感じいいし…

 と、評価はまあまあだったのですが、この夜、食事を終えてホテルに戻り、さあお風呂!!
って思ったら、湯が出ない!!

 というより、ちょろちょろって出ていたかと思ったら、全く出なくなり…
 この時点で11時。 この日は早朝パイネ(チリ)を出て国境を越え、8時間もかけて戻り、
戻ってすぐにタクシーで氷河の展望台に行き…と強行スケジュール。
 夕飯を食べてホテルに帰った時には身体が冷えて、お風呂に入るのをとっても楽しみにしていたのです。007.gif

 実は私、日本人の常でお風呂好き。
 クスコでも高山病予防のためお風呂はだめってガイドブックにあったのに、毎日お風呂に入って毎朝気持ちが悪かった…って人023.gif
e0204850_9121240.jpg 多分津波が来てもこうだと思う。←
 詳しくはこちら072.gif


 フロントに電話すると
「上のタンクが故障で、水が出ない」
とのこと。30分位待ってくれって。
で、1時間しても出ないので、また電話すると
「あと5分待て」
でも30分しても何とも言ってこない。
「ジャグジーで良いから」
って言うと
「ホテル中が出ないんだ」
あっそうか…
「じゃあ、他のホテルにバス使わせてもらえるように交渉してくれ」
「街中がそうだから無理だ」絶対嘘でしょ??031.gif
「もう寝たいんだけど、顔洗ったり歯磨きはどうするの?」
「ミネラルウオーター使うしか無い」
「でも高いでしょ?水無料にしてくれるの?」
「それは出来ない…」
えーーーー!!!ミネラルウオーター代とるの??022.gif
そんなこんなで、あと5分と言われつつ2時間半。

e0204850_9275349.jpg 朝早かった私は、眠くてふらふら。バスタブにちょこっとだけ貯まっていた水で身体を洗い、がたがた震えながらベッドに!!033.gif

 2時近くにやっと水が出るようになりました。あまり寒かったので、起きだしてお湯を貯めてお風呂に入りました。002.gif

 湯が出なくなった事故は別にたまにあるトラブル。しょうがない…
でもその対応が誠意が無く(いい加減な対応)いらいらさせられました。
良いホテルとは言えません!!

       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 ウシュアイアを出発し、無事カラファテへ。
ここでは2泊し氷河見物。その後チリのパイネへ行く予定。
 パイネはここから8時間近くかかるので、最終日パイネから帰って来てもう1泊しないと飛行機に乗り継げないので、最終日カラファテでもう1泊しなければならない。

 南米のガイドブックって今のところ地球の歩き方しかない…
で、地球の歩き方の一番上に書いているのがKosten Aike072.gif
2番目がPosada Los Alamos072.gif

 なので、最初2泊はPosada Los Alamos、最終日Kosten Aikeで予約。泊まり比べをすることに!!039.gif
 どちらも地図で見るとメイン道路から2〜3本入ったところ。まあ歩けるし…

まずPosada Los Alamos
e0204850_1232552.jpg 山小屋風の素敵なホテル。
←本館入り口
 ここはロビーはそれほどでもないけれど、前にゴルフ場、ゴルフ場にクラブハウスがあって、ホテルのバーやエステ、レストランはその棟にあります。↓






e0204850_2173075.jpg



 ゴルフ場のクラブハウス。
 緑の中で素敵です!





e0204850_219620.jpg

 入り口を入ると、ヨーロッパのお屋敷みたいです。
正面に受付があって、右にエステとショップ、左は階段になっていて、バーとレストラン。




e0204850_2293053.jpg


バーの奥にある軽食用のレストラン。
本格レストランはさらに別棟にあります。






e0204850_2304561.jpg

 レストランの下はプール!そしてその向こうはゴルフ場!!
 リゾート気分で食事が出来ます。004.gif

 でも見られちゃうのね?水着姿…025.gif






e0204850_2353415.jpg
 遊技場も!
こんな素敵な空間があちこちにあり、くつろぐ事が出来ます。







e0204850_2365220.jpg

 キッズルームも!!!








e0204850_241585.jpg


ふっかふかのソファーで、ゴルフ場を眺めながら…







e0204850_2381855.jpg

 ウエルカムドリンクで、かんぱーい!!069.gif(無料で付いているの)049.gif
1階でもレストランでも2階でもどこでも好きなソファーで飲む事が出来ます。






さてホテルは
e0204850_2433127.jpg
 清潔なお部屋。
部屋からの眺めも、庭が素敵で静かです。
鳥の鳴き声が常に聞こえて来て、徹ちゃんお気に入り!!016.gif





e0204850_24504.jpg

 ロビーだけでなく、各階のちょっとした空間にこのようなゆったりソファーが配置されていて、友人同士おしゃべりするのもOK。







e0204850_2464525.jpg


 庭も広々していて、ゆっくり読書もいいかも…





 このホテルで一番だったのは、朝食!!
e0204850_3372778.jpg 朝食は別の棟にあって、こんなに立派!
 多分結婚式などの宴会をするように造ったと思われます。







e0204850_3403484.jpg


 入り口を入ると、革張りのソファーと向こうにバーコーナー。
ここのインテリアは重厚でイギリス風です。





e0204850_3431187.jpg

 こんな華やかな、ワクワクする朝食会場です。

 それだけでなく、食事の内容もワクワクです!!038.gif





e0204850_3453386.jpg

 飲み物もたくさんの種類!016.gif
 鉄瓶もあります!!
ポットもコーヒー用と紅茶用のふっくらしたのまで!




e0204850_3483766.jpg

 ジャムもたくさん!!
小さい器に好きなだけ持っていけるのがうれしい!!

 パックになっているのは便利ですが、ちょっと興ざめですから…



e0204850_3503134.jpg


 ハム&チーズ類も豊富!
私は朝から生ハム037.gif






e0204850_3533541.jpg

 シリアルも多種!







e0204850_43795.jpg


 お決まりのスクランブルエッグやソーセージ類もあるのですが…








e0204850_442091.jpg

 具を指定してオムレツも焼いてくれます!!016.gif






e0204850_455771.jpg


 私の大好きなフルーツ類。フルーツポンチも全部生のフルーツで、あんまり美味しかったので、ちょっとタッパーに頂いてお部屋で…えへへ011.gif037.gif




e0204850_344241.jpg


 パンスイーツもいっぱい!






e0204850_411498.jpg



 特に美味しかったのはこれ!
揚げパン揚げパイ011.gif010.gif
熱々、もっちり&しっとり!パイはさくさく。


 この朝食の為、お寝坊の私達が毎朝早く起きて食べに来ました。
ツアーの出発が早いため、とても早く来ないと食べられないんです。042.gif

e0204850_4174780.jpg

 おまけにおまけに!!
徹ちゃんご満悦!!朝からシャンパン!!!069.gif016.gif006.gif

 早起きシャンパンですね??041.gif


 多分このホテル、カラファテで一番いいホテルと思います。
Kosten Aikeは明日アップしますが、普通にいいホテル。同じ料金なら絶対ここがお勧め!!(地球の歩き方では同じ位の料金だった)
 すごくゴージャスなリゾート気分が味わえます。
もちろん街中まで歩いて数分です。

Posada Los Alamos072.gif
ing.Hector Mario Guatti
TEL:491144



       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
004.gif
 やっとウシュアイア最後になります。042.gif
これまでたった2日の出来事なのに9回もかかりました…
 こんなところだけA型の部分が出て、適当に出来ない私…(普段は超適当なんですが…)023.gif

 ミニSL終点「国立公園駅」で降りると、バスが待っていて(ツアーだから)5分くらい山の中を走ります。
e0204850_2163538.jpgそして湖のほとりのパーキングで降ります。

 ロカ湖です。

 ここからしばらく湖のほとりを歩くと山小屋があるからそこに30分後集合!
とのことで、各自写真を撮りながら散歩。



e0204850_220528.jpg





 素敵な景色の中を少し歩くと…




e0204850_2212076.jpg


キャンプ場とかもあったりして…






e0204850_22242100.jpg


 もう少し行くと、大きなログハウスがあり、それが集合場所。

 外は風があって寒いので、暖炉にあたる徹ちゃん。(自然よりぬくぬくが好きなようです037.gif




e0204850_224456.jpg
 寒いので皆さんホットチョコレートを飲んでいます。温まります。

そして徹ちゃんまたしても郷愁の「Enpanada」エンパナーダ。1歳〜5歳までアルゼンチンで育った徹ちゃんはアルゼンチンB級グルメになると、止まりません。011.gif
 エンパナーダは肉やチーズがたっぷり入ったパイです。美味しいです。

e0204850_2321370.jpg
        Tierra del Fuego国立公園航空写真。
 面積630㎢(東京都の1/3位)もあり、アンデス山脈の南の端になるそうです。
これから私達はこの図の一番右はじのところに行きます。

e0204850_234591.jpg

 別に景色がいいところでもないところで降ろされます。
 ???と思っていたら、ミニトレッキングだそうです。
せっかくだから国立公園のいい景色を見ながら歩きます。

 この写真、樹の所々にある丸い塊は「パン・デ・インディオ」と呼ばれる宿り木(寄生植物)。樹自体を枯らす事は無く、枝を枯らすので、剪定072.gifと同じ役割をするとの事。木と共生しているところが面白い。



e0204850_2501329.jpg



 気持ちのいい野原を歩きます。
晴れていれば温かく、曇っていたり風が強いととても寒いので、脱いだり着たり調節できる服を持って行く事をおすすめします。




e0204850_2523836.jpg

 Lengaレンガの樹(ブナ)の森に突入。
 気持ちいいです。

 ガイドさんは時々止まって、樹や植物、動物の説明をしながらゆっくりのんびりのトレッキングです。私にぴったりだわ!!006.gif



e0204850_2594130.jpg



 途中こんな展望台が…

 この右端が、次の写真





e0204850_3171867.jpg


 ここはパンアメリカン道路の南の端。
ここはどうしても来たかった。






e0204850_3193770.jpg
 Ruta Nac No3の最終点と書いてあります。
 パンアメリカン道路はアラスカからアメリカ大陸を縦にずっとつづく道路で、カナダ、アメリカからメキシコなど中米、ペルー、チリを通ってここで終わり。全長17848Kmだそうです!!(数字を言われても、どのくらいなのかわかりませんが…039.gif
 先日行ったナスカなど砂漠をぐーんと貫いている道路です。(ナスカの地上絵もこれで寸断されているのもあるの033.gif
e0204850_3301219.jpg
 こんな素敵なところを歩きます。
 あー空気が良くて、風が気持ち良くて、本当に良いところです!!
自然派ではない私でも好きになります。

e0204850_3401022.jpg
 ルート3の一番南端からの景色です。

e0204850_342845.jpg こんなたんぽぽ満開の景色を見ながら、ウシュアイアの街に戻ります。

 この辺り、2月3月は秋にあたり、紅葉が素晴らしいそうです!!





e0204850_3435573.jpg

 街に戻ると、徹ちゃんは急いでチョリパンを買いに走ります。
 どうしても1日1回チョリパンなんだそうです。

 飛行機の時間があるので、それを抱えて空港へ!!042.gif


e0204850_3492111.jpg


 私はホテルでお湯をもらってマイお茶の準備。037.gif

 かわいらしいウシュアイアの街ともお分かれし、空港へ…



e0204850_3514157.jpg

 ウシュアイアの空港はウッディーで温かいかんじです。
屋根がブルーで空の色と同じで違和感ありません。

 ここでチョリパンマイお茶を食べて、やっと次の目的地カラファテへ!!










 



       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
e0204850_8325553.jpg こんな景色の中を世界で最も南を走る列車、ミニSLは進みます。

 その間、スピーカーでスペイン語英語での説明があります。が、日本語はないので、小冊子をくれます。これがなかなかいい。
 でも景色も見たいし、大変です042.gif

 面白いので概要を…


e0204850_8415475.jpg 1800年代の終わり頃フエゴ島には原住民の集団が住んでいました。(写真はその家の再現)
 マゼラン海峡の発見により、この辺りが世界中から注目されていました。(まだパナマ運河が出来ていない)アルゼンチン政府はこの土地の領土を主張するため、一番効果的な方法として、国民を移住させる事にしました。
 1830年にここに刑務所(流刑地)を作る法律が提出され、1896年ウシュアイア再犯刑務所が設立されました。その時代の刑法による死刑一歩手前の重い禁固刑の囚人達でした。

e0204850_8381870.jpg
 囚人達の手で刑務所の建設、それから物資を運ぶ為の列車のレールの建設がはじまり、1909年最初の鉄道が登録され運行が始まりました。囚人列車として知られ、囚人達を作業の場所へ運びました。
 一番上の写真の切り株は当時(100年前)囚人達が切った木の切り株です
。こんな風景が延々とつづきます。

e0204850_9231144.jpge0204850_945456.jpg
















 このような森だったところを、囚人達が木を切ったので右の様な平地になりました。
平地を作っているのではなく、たきぎとして刑務所のストーブや台所で使われたり、電気を起こすのに使うため木を切っているのです。


e0204850_1027429.jpg 漫画でよく目にする囚人のイメージ通り、この地方の厳しい気候にそぐわない服を着て(しかも囚人の典型的な縞模様)足かせでつながれて列車に乗って作業に向かったとの事。
 作業中も武器を手にした看守に見張られていました。

 でもこの作業は素行が良い者への褒美で、何ものにも代え難い自由だったとのこと。極寒の冬でさえも薪は必要不可欠だったので、作業は続けられました。
 多くの囚人が脱獄を試みましたが、寒さと飢えで2〜3日で戻ってきました。(笑)
 この監獄は1947年に閉鎖されました。

 


e0204850_10484334.jpg

 さて、そうこうするうちに、列車はMACARENA駅に到着。
ここで15分の下車。
 






e0204850_10515866.jpg
 ここでは先ほどの原住民の住まいや川、滝など、フォトスポットです。
 
 きのうサンパウロの空港でいっしょに大騒ぎしていたゲイのカップルと再会。003.gif(フライトキャンセルのため…詳しくは072.gif
「やっと来たねー」
「うん、やっと!!!」
って大笑い。


e0204850_10572574.jpg
 再び列車に乗り、しばらくはこんな風景。
100年前に囚人達が切って切り株だけになった野原。
ここは「木の墓場」って呼ばれているんだそうです。

 そして上記の写真のような、原生林の林(切り株の野原も元はこうだった)を抜けて


e0204850_10562577.jpg

 列車は終点「国立公園駅」へ。

 当時は全長25キロあったそうですが、現在は7キロのみのこっているそうです。

 写真は貨物車両風のトイレです037.gif







       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 翌日は朝からTierra del Fuego国立公園ミニSLのツアーに参加。056.gif
ここはツアーで行くのが手軽だと思います。
ミニSLまでひとりで来て(タクシーかバスか)、私達のガイドさんに
「お金払うから乗せてくれ」って交渉していた女の娘がいました。
 バス便は1日3本くらいあるようです。

e0204850_430552.jpg 私はあまり自然派ではないので(歴女なので、遺跡などが好き)このミニSLだけが楽しみでした。(実は鉄子でもあるし…)


 街を出るとすぐにこんなに素敵な景色。056.gif





e0204850_432227.jpg

 ミニSL 始発駅です。
 ここでバウチャーを列車のチケットに交換。
それから国立公園の入場料は別で、ここでいっしょに払うようです。




e0204850_4335384.jpg

 ガイドさんがチケット窓口に並んでいる間、私達はこんなところで記念写真






e0204850_4351891.jpg

 小さい駅なのに意外に広い駅構内。
出発時間までお茶したり、売店でショッピングしたり、昔の写真を眺めたり…

 線路は今は街はずれの山の中〜国立公園までですが、昔は作業の囚人を運ぶため、街の中心(監獄)から国立公園まであったそうです。


e0204850_550754.jpg

 美男美女の鉄道員に切符を切ってもらって入場。白人社会のアルゼンチンは本当に美男美女が多いです。016.gif






e0204850_5521616.jpg
 これがミニSL
El Tren del Fin del Mundo
世界の果て号034.gif



e0204850_557048.jpg






 鉄子としては、運転席も重要!!(運転の事や機械の事はあまり知らないけど…011.gif








e0204850_5584074.jpg


 私達はツーリストクラスなので、カーテンもない…
155$(3600円)
片道も往復も同じ

 詳しくはこちら072.gif


 色々なクラスがあるようで…

e0204850_652240.jpg
 このカーテンが付いている車両は






e0204850_661062.jpg こんなキッチンが付いていて、多分お茶か軽食が付くと思われます…

e0204850_1127111.jpg

ファーストクラス240$(約5500円)
お茶かコーヒーとペイストリー
Premiumクラス310$(約7100円)
ワインと蟹サンドイッチが付く

e0204850_11161053.jpg
スペシャルクラス500$(約11500円)
さらに豪華に!!


e0204850_1122589.jpg
VIPクラス 価格は応相談




e0204850_11443631.jpg



                    その上こんなものも!

 価格やサービス詳しくは072.gif



e0204850_11485289.jpg 出発すると川沿いを進みます。

 あー眠いので、つづきはまた明日。
今夜はリベルダーデのブエノへ飲みに行っちゃったのよね。014.gif037.gif


       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 エクレルール灯台を見て、速度を上げた船で30分走ると…
e0204850_10194241.jpg
わあぁぁぁーー遠くに見えてきました!ペンギンの群れ!016.gif
e0204850_10242753.jpg

e0204850_10272152.jpg
こんな近くまで!!038.gif016.gif
e0204850_104055100.jpg 船はこんな陸に乗り上げんばかりに近くまで行って停まってくれます。

 カタマランなので船の先が二つあります。
船が速度を緩めるや否や、ささっと上着を着て甲板に出て船首一番前のポジションを確保しなければなりません。066.gif私達はのんびり船室で寝ていたため(笑)出遅れました。025.gif
あとは甲板を押し合いへし合いの撮影になってしまいます。
その押し合いへし合いしながらの写真です037.gif
e0204850_10473581.jpg 船も人間も怖がらないペンギン達。私達の興奮をよそに、思い思いの過ごし方で浜辺にいます。
 よちよち歩くのが超かわいい!!
しぐさ全てがかわいい!!

 ペンギンフリークの私は、もう興奮状態。シャッター切りまくり。動画撮りまくり!!



e0204850_1053394.jpg
 そうしてどこの世でもそうなように、好奇心いっぱいの子供達が船の周りに集まって来て、不思議そうに見上げるんです。ここから動かないんです。
かわいいーーーっ!!





e0204850_10573577.jpg
 昔、オーストラリアのメルボルン、フィリップアイランドに行ってフェアリーペンギンを見た事があります。
 夜、海から巣に帰って来るペンギンを見るのですが、
①波にうちあげられて、そこでピョコンと立ち上がる
②波の来ない場所まで来て班長が点呼をする(本当にキョロキョロ確認しているんです)
③仲間が揃うと、班長がよちよち歩き始め、巣に向かう
④みんな1列でよちよち班長について巣に向かう。

 中には岩陰に隠れているいたずら者もいたりして、しばらく待ってもいないので班長が歩き始め、あわてて後を追う子がいたりして、本当にかわいかった。それ以来ペンギンのファンなんです。


 そして私の初You Tube(はちどりさんにアップの仕方教えて頂きました!)

 私のへたくそな動画でもかわいいけど、You Tubeの他の方のペンギンの動画を見ていて、もうあまりのかわいらしさに癒されました。
 皆さんぜひ時間のある時、癒されたい時ご覧下さい!


e0204850_11534578.jpg 自然の中のペンギン。

 さて陽も暮れかかり、そろそろ帰りです。







e0204850_11552956.jpg

 やっと落ち着いて、お弁当(夕食)です。

 けっ021.gif夕食なのにサンドイッチかぁ…025.gifと思ったものの、さすがアルゼンチン!!具のステーキが美味しい!!





e0204850_1202896.jpg
 船内一番前の特等席でくつろぐ徹ちゃん。(一番左)
 前に座っているアメリカに住んでいるインド人と仲良くなっています。037.gif
帰りは何もする事が無く、皆さん暇なので、周りの人達と仲良くおしゃべりがはじまります。
言葉は色々で面白い!!



e0204850_126163.jpg

 弁当の用意が無くても、船内にはバーがあって、飲み物(温かいものも有り)や軽食(ハンバーガーなど)を食べる事が出来ます。
 甲板から帰ると、皆さん温かい飲み物を頼むようです。暖まります。(私はどこでもマイお茶持参です037.gif



e0204850_12133135.jpg
 写真が小さくて見にくいですが、右のはじに難破船が…
このピーグル水道は風が強く、船がたくさん難破した場所(元監獄と船舶博物館にいっぱい展示してありました072.gif
 そのためエクレルール灯台が出来たそうです。


e0204850_12234491.jpge0204850_1224286.jpg














 だんだん陽も暮れ…

 それもそのはず21時です…





e0204850_12115730.jpg  ウシュアイアの街が見えてきました。
 なんだか立ち上る煙が、人の存在を感じさせ、温かい気持ちになります。










       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 ぎりぎり間に合って、いよいよピーグル水道クルーズ

 クルーズは色々な会社がやっていますが、会社によって船の大きさが違うので、調べてから好みのものに申し込んだ方がいいです。
 私達はRUMBO SUR072.gifという最大手のひとつで申し込みました。

 ツアーは
ロスロボス島&ロスパハロス島&エクレルール灯台 (2時間半)
※ロスロボス島&ロスパハロス島&エクレルール灯台&トレッキング  (4時間)
※ロスロボス島&ロスパハロス島&エクレルール灯台&ゲーブル島   (6時間)
※ロスロボス島&ロスパハロス島&エクレルール灯台&ハーバートン牧場 (9時間)


 が主なもの!

 ロスロボス島はオタリア(アシカ)の島
 ロスパハロス島はの島
 ゲーブル島はペンギンの生息している島
 エクレルール灯台は映画「ブエノスアイレス」に出て来た、最果ての灯台ってかんじの灯台。

 当初最後のハーバートン牧場込みの9時間のツアーに申し込んでいたのですが、アルゼンチン航空のフライトキャンセル031.gifにより昼頃到着したので、3番目のツアーに変更しました。
 ハーバートン牧場のツアーはは上陸し羊の毛狩りなど見学し、さらにペンギンの営巣地を訪れるんです。
 まあ上陸しないにしてもペンギンが見られるからいいかー。016.gif

e0204850_942711.jpg

 まず出航30分前に港の入り口左に並んでいる旅行会社のブースに行きます。(小さい小屋が5つくらい並んでいます)
 ここで、乗船券とお弁当(私達は頼んでおいた)を受け取り、港へ…








e0204850_947560.jpg

 ここでちょっとした荷物検査。
 乗船券の無い人は、ここより先へ入れません。





e0204850_948991.jpg


 私達の船は左側のカタマラン(双胴船)。
カタマランは安定しているので、船酔いする私にはありがたい。025.gif





e0204850_1194498.jpg
 船はこれと同じ型の2階が無いものです!

e0204850_951932.jpg 徹ちゃんのリュック事件でぎりぎりの時間だった私達、船内は既に窓側がいっぱいでしくしく007.gif皆さん必ず早めに行って良い席を確保しましょう!!

 まあ温かかったので上の甲板に出て眺めることに…。
 しばらくして下に戻ると、船内は暑くて(陽がさしている方の窓際は特に)席を移動したりしている。一番先っちょの一番いい席を確保していた人がどいたので、めざとい私はささーっと席を移ります。えへへ037.gif

 クルーズの時の服装は、船内が暑くて、外は暑い時と寒い時があるので(その日の天気や時間によります)Tシャツカーデガンフリースヤッケと、暑さによって脱いだり着たりできるものをおすすめします。中にヒートテックのハイネックを着ていた私達は暑かった…042.gif058.gif

e0204850_100474.jpg しばらく景色の良いピーグル水道の景色を行くと、何やらいます

オタリア(アシカの一種)です!!(パタゴニアアシカとも言うそうです)


e0204850_10151517.jpg
wikiによると
 チリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチンなどの沿岸に生息し、雄は大きい頭部、たてがみと少し上向き加減の鼻が特徴。
e0204850_10304597.jpg オタリアの体長や体重にはかなり幅があり、典型的な雄は2.6m程度、300kg(でかいっ!!)程度である。雌は雄よりも小さく、体長は1.8mから2m程度、体重は雄の約半分の150kg程度である。
 1頭の雄が10頭程度の雌を集めてハレムを形成する。
真ん中の特別でかいのが雄でしょうか?(右の雄の写真はwikiより)

主に魚やイカを食べるが、ペンギンを食べることもあるって。きゃー008.gifやめてー!!

e0204850_10351270.jpg


 これはペンギンではありません。






e0204850_10355690.jpg


 ウミウ(鵜の一種)です。
これが飛べなくなってペンギンになったのではないかと思うくらい似ています。

 鳥のたくさんいるところは臭いです。



 e0204850_1053543.jpg

 それからエクレルール灯台。
かわいい哀愁が漂います。
これは太陽エネルギーで発電しているそうです。
「ブエノスアイレス」という香港映画で、チャンが南米最南端に行くと言ってここに行くのです。
映画では最南端の象徴みたいになっています。


e0204850_1105739.jpg さて以上は近くにありますが、ペンギンの生息地ゲーブル島はここから30分かかります。
 しばらく船はこんな景色の中を、速度を早めて30分航海します。


 次はいよいよペンギンです!!



       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 ウシュアイアで唯一の外食である、この日のランチ。
 せっかくだから海の幸かにカニ!!

 というわけで、ガイドさんお勧めの「Tia Elvira」という、ホテル近くの港に面したレストランに行こうとしたら、日曜日で休み…。
 しょうがないので、メイン通りをぶらぶらしていたら
e0204850_8555055.jpg

 地球の歩き方に出ていた
Moustachio072.gif」発見。






e0204850_10565785.jpg









e0204850_914778.jpg

 海の幸もあるらしいのですが、徹ちゃんはどうしてもこの肉の焼ける匂いに弱く、ふらふらーと入って行くのです。


 羊と鶏の張りつけ!!アルゼンチン名物
アサード!!(バーベキュー)
 うん、確かに美味しそうです。




e0204850_9351778.jpg



中ではこんな風に焼いていて…
(鎖で網を上下に移動させます)







e0204850_935514.jpg


 しかもこんな燃え盛るチャコール!をどんどん足す。
 これでお肉焼くと、本当に美味しい!!
焼き手の腕によるけれどね…





e0204850_9462439.jpg でもせっかくだから、やっぱり海の幸!
 たらば蟹016.gif








e0204850_9503586.jpg
地球の歩き方 おすすめに従い
Centolla Natural
(セントージャ・ナトゥラル)

100$(約2300円)
 ゆでタラバガニ
レモンとマヨネーズが付いて来る。
キューピー持って来れば良かったです。025.gif




e0204850_1023962.jpg もうひとつおすすめの
Arroz con Mariscos
(アリス・コン・マリスコス)

75$(約1700円)
シーフード炊き込みご飯
 これは炊き込みご飯ではなく、ほんの少しご飯が入った煮込み みたい。
ごはんがたくさん入っていた方が美味しいのに…007.gif
それから少し魚臭いし塩味が濃いので、あまりお勧めではないです。050.gif煮込みすぎた?

e0204850_10213080.jpgChorizo(チョリゾ)
18$(約400円)
1歳から5歳までアルゼンチンで育った徹ちゃんにとって、このChorizo郷愁の味
アルゼンチンビーフよりなにより、これがないと収まりません。004.gif





e0204850_10322149.jpg こうしてパンにはさんで「チョリパン」にして食べます。

 似たようなものがブラジルにもありますが、ブラジルのは塩が強い!
それからアルゼンチンのは肉々しい!003.gif





e0204850_10374416.jpgミックスサラダも注文
25$(約600円)

 なぜか桃のシロップ煮缶詰やパイナップル入り(笑)






e0204850_1043327.jpg そして、やっぱりどうしても皆さんが食べている、Parrillada(パリジャーダ)炭火焼盛り合わせが気になり、隣のテーブルの写真を撮らせて頂く037.gif
これは1切れづつ既に皿に取り分けて食べているので、これに大きなステーキが2枚加わる005.gif
 すっごい量です。2人前だそうですが、日本人だったら4〜5人前かな??
これで150$(約3500円)

 
 料金は地球の歩き方10'11に載っている価格の大体倍くらいになっています。

Moustachio072.gif
San Martin 298
TEL:423308

       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 ウシュアイアの空港は自然を大切にしている土地柄、検疫が厳しいようです。
空港で荷物を受け取るところに、白衣を着た検査官が色々見て回っています。
中を開けられている人も…005.gif
 
 胃腸の弱い私は、具合が悪い時用に、食品を色々持っているので(乾燥ご飯とか…梅干しとか…)ドキドキです039.gif

 やっと世界最南端の街ウシュアイアに到着し、ホテルへ。
e0204850_649619.jpg ホテルはAlbatros072.gif
 観光船に乗る港の真ん前なので、ここにしましたが、どこのホテルにしても歩いて数分です。
街が小さいのでどこにでもすぐに行けます。

 このホテルは他に、近くの
Cap polonio072.gif
Del Bosque072.gif
Las Lengas072.gif
のホテルとグループのようです。
e0204850_7153462.jpg 天井が高くガラス張りのカフェ&レストランが気持ちいいです。

 30時間ぶりにゆっくりできるのですが、時間がない…008.gif
 本当は早朝からの1日クルーズでペンギンを見に行く予定でしたが、午前中だめになったので、午後3時〜のツアーになりました。(これは上陸無しで、見るだけのクルーズ)明日は世界の果て号というミニSLに乗りに行き、その後空港、カラファテに移動なので、市内を見るのは3時までの3時間くらいしか無い…
 ランチも食べてない!!

 ということで、チェックインしたものの、すぐに出かけます。042.gif


e0204850_7271389.jpg
 ホテル前の昔の市庁舎の庭。
この花ルピナス。パタゴニアどこでも咲いていました。056.gif
そういえばニュージーランドでも咲いていました。




e0204850_9104119.jpg



 昔の市庁舎はこんな小さな一軒家。






e0204850_730486.jpg


その横にある新しい市庁舎。
その下、港に面した道路沿いにエビータの銅像が…






e0204850_9133144.jpg


 海岸沿いの道から1本山の手の道に行くと、繁華街。

 せっかくだから海老&かに&海の幸のランチをささーっと食べて、街はずれの元監獄072.gifへ!



元監獄と船舶博物館
e0204850_95022.jpg

 囚人の銅像が迎えてくれます。








e0204850_9504674.jpg


 入場料は70$(約1700円)
アルゼンチンの物価にしてはとても高い!
というかパタゴニアはフリーポートで免税店はあるものの、ほとんどのものがどこかから運んで来るため、何でも高いです。


e0204850_1052425.jpge0204850_1055494.jpg















一階の独房                           2階
この監視員の人形がこわい…008.gif

e0204850_10121571.jpge0204850_10125460.jpg














 前の写真は補修後のもので、実際はこうだった??    この人は長くここに収容されていた人
電気も暗く、ぼろぼろ…                 実際の人と同じ顔にしてあります。

e0204850_10161763.jpge0204850_10172115.jpg














普通の囚人                        こんなインテリもいたようです
この囚人服、アメリカの漫画に出て来る囚人服と同じ!実際こうだったのね?
やはり漫画に出て来る足かせもありました。

 最初の囚人は1898年、政治犯なども送り込まれた。
脱走してもあまりの寒さと食べ物が見つからなくて、ほとんど戻って来たらしい。
明日行く世界の果て号SLはその囚人達が作業に向かう為の列車で、その線路も囚人達が作ったとのこと。

e0204850_10374187.jpg 放射状になっている刑務所の真ん中のところは現在カフェになっていて、郵便局とギフトショップもあります。

 こんな囚人服パジャマが売っていて、徹ちゃんにプレゼントしようとしたら
「夢見が悪そうだからやめてくれ025.gif」って015.gif
中々かわいいと思うんだけどなー。023.gif

 右の赤いのはポスト。

 他にも南極観測隊の昔の防寒服とか、このピーグル水道近辺で難破した船(ここは風が強く、船がよく難破したらしい)やここに元から住んでいた先住民族の展示があり中々興味深い。
 



e0204850_11564134.jpg 監獄博物館を出たところに、スポーツジムが…
 看板はペンギンがバーベルを持ち上げているの。かわいい016.gif









 さてのんびり散歩しながらホテルに戻る。
「徹ちゃん、すぐキー出る?」と聞くと
「あれっ?僕のリュックは??
そんなの私が知る訳が無いでしょ??031.gif

 そう、この博物館では入り口で荷物をロッカーに入れなければなりません。
ロッカーのキーを受け取って二人の鞄を入れ、出る時私はキーを開けてそこから出した。
で、キーを受付に返した。
で、徹ちゃんはそのまま出て来た…???023.gif015.gif

 信じられない!!!005.gif
だってこのぶらぶら散歩している間、手ぶらなのに、何かおかしい…ってどうして思わないの???

徹ちゃんのリュックには
これからの旅行のバウチャー全部(国立公園入場券とか船の券とか…)
持って来た米$と両替したアルゼンチンペソ全部
クレジットカード類

 それからそれから??
私は何が入っていたか知りません…015.gif

 私のキーですぐに部屋に入り、金庫を開け、パスポートが入っている事を確かめると、ちょっと安心し、私が持って来た前回のアルゼンチン旅行のときのペソの残り(2000円位)を持たせて
「すぐにタクシーで戻りなさい!!鍵は開いているから、遅いと無くなっているかも!!!」

 そう、船の時間は迫っているし、あきらめていたところ、無事荷物といっしょに戻って来た。
裕福な観光客ばかりだからもしかしてあるかも…と少し期待していたのよー。良かったー!!

 急いで船着き場に向かったのでした。
あーーー徹ちゃんお約束とはいえ、もーーーーーっ!!047.gif022.gif
 ホテルの前が船着き場でしたので、セーフ!!!


 徹ちゃんのせいで珍道中はつづく…





       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 年末年始に旅行に行った駐在の方達も、そろそろ皆さん戻っていらっしゃっているようで、ブログなどみていると、やはりフライトキャンセルなどで色々大変だった様子。008.gif

 クリスマス休暇でマチュピチュに行った方、リマ→クスコのフライトキャンセルで…
また私達の後、クリスマス&年末にパタゴニアに行った方、パイネの山火事で大変だったようです。

 南米の旅行は余裕の日程にしないと…ということですかな?


 さて、やっと飛行機に乗れたまで(詳しくはこちら072.gif)は良かったのですが、20:40発ではブエノスアイレス着が22:35!
当然ウシュアイア行きのフライトがある訳は無く、ブエノス泊。

 それでも明日のウシュアイア行きの便が午後だっていうから、ちょっとー!!031.gif
到着が夕方だったら観光は何もできない…
 翌日カラファテに出発するから、ウシュアイアへは夕飯食べに行くだけ??ってことになるではないか??022.gifペンギンはどうなるのよ!!??
 で、大もめにもめて朝6時20分の便がある事が判明!!それに何が何でも乗せろ!!とかなり頑張った。(サンパウロの空港で!)ついに5回目位の交渉で係員、ウインクしながら予約確定してくれた。042.gif(他の人はみんな午後の便で、朝空港で交渉しろと…朝5時に空港行って乗れなかったらどうするのよ!?午後まで空港で待つの?031.gif

e0204850_23435735.jpg ブエノスアイレスに到着後、航空会社の事務所へ。
サンパウロのカウンターでもらっておいた証明書(ホテル予約)を見せる。
特に外国の航空会社の場合、絶対こういう!!の書類がないと知らん顔されるんです。033.gif大丈夫大丈夫!という係員を無視して、何が何でも書類もらわないと安心できません。
 さて、ここは航空会社の事務所なのに、なぜ空港警備員が??
その警備員
「多分30分位上かかるよ」って…。
もう23時過ぎているのに(ブラジル時間0時過ぎ)それから30分って…
航空会社職員感じ悪いし!!いばりまくり!!033.gif
だから警備員置いているのね?(イライラ怒った客が事務所に殴り込む??)037.gif

 やっとホテル名をもらい(といっても紙切れに手書きでぐちゃっと書いたもの)タクシーは領収書をもらうように言われる。
e0204850_1142549.jpg ここからタクシーに乗れと言われた空港タクシーに乗ってホテルへ。
25分くらいで到着。

 すでに12時は過ぎています。


 えーーーーここーーー??033.gif002.gif
航空会社指定とはとても思えない…


e0204850_122581.jpg
  廊下です。

ぼろい…015.gif

 昔、若い頃バックパックで旅行していたとき泊まったホテルみたい…
それでもはずれの時で、通常は安いけどもっと清潔な感じのホテルに泊まってたよ!031.gif

e0204850_1233570.jpg
部屋はさらにシャビィ…
なんだかかゆくなりそうなベッド&毛布なので、パジャマに着替えないで、そのまま寝る。
朝早いし…

 シャワーはあるけど(もちろんバスタブは無し)取り付け型で、お湯はちょろちょろ…

 数時間の滞在とはいえ、ひどい…

 そしてまた4時に起きて暗い中空港へ向かう。
e0204850_1333851.jpg チェックイン後、タクシー領収書持ってまたあの事務所へ…

 そうしたらこの領収書はだめだって!?
だって乗れって言ったタクシー乗り場で、空港タクシーに乗ってもらった領収書だよ!!??
払う気無いんじゃないの??022.gif047.gif
 ここで、昨日サンパウロの空港でいっしょに大騒ぎしていたフランス人(15時の便に乗れた人)と遭遇!彼女達も払えないって言われてる。
 でも時間無いからしょうがない…007.gifってゲートに向かう。(帰ってから文句言わしてもらいます!)

 e0204850_1381923.jpg アルゼンチン航空の子会社なのか、ほとんど共同運行になっているAustral航空。
 6:20発、9:55着やっとやっとウシュアイア到着。
サンパウロの家を出てからほぼ
30時間
乗り継ぎ時間入れても
日本に行けてますっ!!031.gif

e0204850_1534065.jpg

 それでもこんな風景が見えて来ると
わぁぁーーー016.gif053.gif056.gif058.gif期待に胸はふくらみます。

 氷河だ 氷河だ ペンギンだぁー


       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。