カテゴリ:ブラジル料理教室( 3 )

 またまた クイックリートラベルさん主催のカルロスさん料理教室に参加しました。029.gif

 今回はBarreado(バへアード)という見た事も聞いた事も無い、肉の煮込み料理とか…
e0204850_9273968.jpg
 それもそのはず、この料理を食べられるのはサンパウロでは2カ所とのこと。005.gif
ここナ・コジーニャ(毎日)とトルデシーリャス(土曜日のみ)

 18世紀から300年続けて食べられている、パラナ州モヘチスの郷土料理。

 元々インディオの料理法で、本当は鍋に肉を入れて蓋をし、土の中に埋めて16〜24時間煮込んだ物だそうです。土に埋めて温めるのはオーブン代わりか??
 18世紀、線路が出来始めた頃、線路工事人達が簡単で栄養があるので真似して作って食べていたんだそうで、バナナ&マンジョッカといっしょに食する(この辺りで採れるため)

材料
e0204850_11553347.jpg 牛肉もも?(COXAO DURO)1kg
すじ肉や豚肉などもOK

 角切りか細切りにする。(適当)
だって写真のようにぐたぐたに崩してしまうから…大きさはどうでも良いと思います(笑)





e0204850_1265236.jpgそれから、玉ねぎ荒みじんとベイリーフ(月桂樹の葉)










e0204850_21493699.jpgトマト荒みじんとベーコン
ベーコンも適当です。









e0204850_11594261.jpgニンニクみじん&オイル
ウルクン(coloral)こちら参照
クミンなど香辛料
チント(サトウキビから作った酢)

 今回はこの酢の代わりに味醂を使って日本風味に??
酢と全然違うじゃない??




作り方
e0204850_23252094.jpg まず鍋に油を入れて、ベーコンを入れる。

 鍋は今回は圧力鍋で!
16時間も煮込むのは大変ですから…

 ブラジルは肉や豆の煮込み料理が多いので、圧力鍋はスーパーで普通に売っています。
日本のように大げさな物ではなく、簡単なもの。
大丈夫かなー?と思ってしまうくらい普通の鍋です。

e0204850_0192042.jpg





     次に肉を入れて、適当にかき混ぜる。

e0204850_0264940.jpg


 塩も大さじ1杯くらい…
たくさん入れます。
肉が隠れて真っ白です。
こんなに入れて大丈夫でしょうか??



e0204850_023376.jpg 香辛料を全て入れる。









e0204850_0332159.jpg

 玉ねぎ入れて









e0204850_0335997.jpg トマト入れて









e0204850_039279.jpge0204850_0403496.jpg















 チント(酢)またはみりんを入れて         ひたひたになるくらい水を入れて

e0204850_0411743.jpg

 こうなりましたら蓋をして、圧力をかけ20分。(レシピには1時間って書いてありますが…)

e0204850_0455598.jpg このように、20分間ずっと強火!
 大丈夫でしょうか?
日本では、シューといいだしたら弱火にするんですが…
このぺらぺらの鍋がバーンと爆発して、熱い中身や鍋の破片が飛び散るのでは…
と心配で、カルロスさんの大きな身体の影に隠れる私…025.gif


 この簡易圧力鍋の向こうで蒸気を出しているのは、ほんまもんの土鍋。





e0204850_0512988.jpg
 土鍋でするときは、このように、小麦粉やマンジョッカの粉を水で練った物をのばし…









e0204850_0525138.jpg

 土鍋の蓋との間に貼付けます。
こうすると、圧力がかかるそうです。
 でも16時間かかります(笑)045.gif







e0204850_0543651.jpg

 出来ましたら、こうして蒸気を逃し、







e0204850_0554353.jpg

 鍋全体を水で冷やし、完全に蒸気が無くなってから蓋を開けます。

 ここが圧力鍋に危ないところです。
気をつけましょう!!034.gif




e0204850_14441.jpg

 本物は、できあがったくたくたの野菜&肉をほぐして、こうなるそうです…
なぜわざわざ、ほぐすか??015.gif
これではコーンビーフでいいではないか??

 盛りつけは一番最初の写真参照。030.gif






e0204850_154937.jpg そしてこうして、マンジョッカの粉とバナナ、ご飯といっしょにぐちゃぐちゃにして食べるんだそうです。

 なんだかブラジルってこういう料理多いです…
ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるの。002.gif



e0204850_172925.jpg
 さて本日は日本人ばかりとのことで、このように形あるままで一皿。

e0204850_184753.jpg
あー絶対この方が美味しいです!!

 ばななー??と思いましたが、お口直しに中々いいです。016.gif
マンジョッカの粉は適度なとろみを好みでつけるのにいい。

 スープカレーのやさしいバージョンってかんじ。

 子供は大好きだと思います。011.gif
野菜もくたくたで、、野菜嫌いな子供も知らない間に食べさせることができます。



 カルロスさんは日本にもいたことがあり、大の日本びいき。053.gif
だから、彼から習うブラジル料理は日本人の口にものすごく合います。

 一度レストランにも行ってみようかな?
ブラジル味になっていたりして…



 またぜひブラジル料理企画して欲しいです。
クイックリーとラベルさんありがとうございました。

 お問い合わせはクイックリートラベルかんこさんまで






       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 そういうわけでムケッカ料理教室。作り方編

材料はこれ!
e0204850_1245428.jpg


e0204850_8521034.jpg

まずは熱した土鍋に油(サラダオイル)をたっぷり











e0204850_8533717.jpg


Urucun(ウルクン→昨日のブログ参考)をひとつかみ加えかき混ぜながらよく熱する。






e0204850_8562282.jpg

粉のColoral(コロラウ)の場合はすぐにでもOK。簡単です。







e0204850_8582121.jpg


玉ねぎとみじん切りにんにく(これはみじん切りにんにくのオリーブオイル漬け)を加え炒める。






e0204850_8595519.jpg
トマトの乱切りを加える。










e0204850_915780.jpg
白身魚に塩、こしょうし&レモン汁をかけて










e0204850_933047.jpg
トマトの上に並べる。
その際、塩こしょうした面を下にして、上にも塩こしょうすると良い。








e0204850_953172.jpgココナッツミルクを加える。










e0204850_97065.jpg本来は水を加えない料理なのですが、日本人向けに水を加えます。
ココナッツミルクがどろーっと濃いのが好きな人はココナッツミルクのみで!







e0204850_983914.jpg

ピーマンの乱切り、赤黄緑を加える。




e0204850_9145150.jpgパクチーを加え(パウリスタ=サンパウロ人は嫌いなので入れない)デンデ油(苦手な人はオリーブオイルでもOK)を加える。






e0204850_9173535.jpg蓋をして10分で出来上がり。
 コツはかき混ぜない事!!

えー?以外と簡単!!

できあがりー016.gif
e0204850_927566.jpg




さてお約束の付け合わせ
白ごはん
ピラン(マンジョッカの粉を魚のだしであわせたもの)
そのまま出来上がりのムケッカの汁を使っても良い。
e0204850_9393584.jpgムケッカの汁(別に作るときも全く同じ作り方)にマンジョッカの粉をかき混ぜながら少しづつ加える(だまになりやすい)
好みのかたさになったらできあがり。e0204850_12472187.jpg

e0204850_9465743.jpg




 マンジョッカ(芋)の粉。










 同じ味だったらいらない!!って思いましたが、これが以外と美味しい。ごはんにあうんです。






e0204850_952104.jpg
 これは昔食べた海鮮ムケッカ。こんなかんじで食べます。
海老も美味しいです。







 以外と簡単で、レストランで食べたのよりさっぱりして美味しかったです。(日本人向けになっている)これなら日本人に出しても大丈夫!!うれしいです!!


 これで作り方わかったしと言わないで、ぜひ参加してくださいね。
e0204850_955359.jpg


 とっても楽しいシェフで、色々な食品に関する知識も多く、たくさんの事を教えてくださいます。
楽しいひとときでした。
 またぜひ参加したいです!!(って誘った友人も言っていました)




 料理教室の案内を送って欲しい方はクイックリートラベル
kanako@quicklytravel.com.br
までお問い合わせください。担当はかなこさんです。



       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 以前ガイドのTさんに連れて行って頂いたムケッカ料理。(バイーア地方の料理です)美味しかったので、どうやって作るのかなぁ??と思っていました。

 そうしたらQUICKLY TRAVELさんからメールが来て、ムケッカの料理教室をしてくださるって!!しかも日本語通訳付き!!016.gif
 すぐに友人を誘って申し込む!多分私が一番乗りだと思う。だってお知らせが来てから10分後には申し込んでいたから(笑)037.gif

 そしてきょう、
e0204850_9294945.jpg Na cozinha
QUICKLY TRAVELのかんこさんのブログで見ていて、行きたいなぁと思っていました。でもポル語できないしー
 で、今回の企画!待っていました!!





e0204850_9435951.jpge0204850_9562264.jpg


レストラン横の階段を登ると2階がこんな教室の会場になっています。






e0204850_9595536.jpg







 ムケッカは元はアフリカの海岸部でよく食べられていたシーフードのシチューで、黒人奴隷として連れてこられたアフリカの人達の間で食べられていました。

 こんな土鍋で煮込むのですが、アフリカの人がブラジルに来た頃は既にインディオ達がこの鍋で煮込み料理をしていたとの事。
 この鍋、先日エンブーでも20R$(約1000円)で売っていましたが、特にエスピリットサント州のが最高とのこと。写真のように手びねりみたいに厚手で、温まるのは遅いけど火の通りが違い、全く違う味に出来上がるらしい。(パオブラジルの木でたたいて色をつけるんだそうです)
 欲しい…(でもこれ以上鍋増えてどうするの??)015.gif


 ムケッカは、ブラジルの中でも北部地方の煮込み料理で、地方により3種類ある。
ムケッカ・バイーア058.gifアフリカ椰子から採取したデンデ油(パーム油)とココナッツミルクを使用する
ムケッカ・カピシャーパ058.gifエスピリットサント州のムケッカ。デンデ脂が入らない
ムケッカ・パラシュー058.gifアマゾンの近くの煮込み料理。透明なかんじ。
             ジャンブー(舌がしびれる野菜)やトゥクピーなどを入れるとのこと
             インディオはあまり脂を使わない(だからやせている??)

e0204850_1049484.jpgデンデ油はこんな色です。
だめな人は全然駄目で、香りだけでもだめだそうです。
私は大丈夫。

 上に浮いているオレンジの油を使う。
下に沈んでいるのはあまり良くないとのこと








e0204850_10543181.jpg


これを絞ってデンデ油を採る
フェイラで時々売っています。








e0204850_11412250.jpg さてもうひとつ必要な物が…

 これはUrucum(ウルクン)という色を付けるもの。香りも味もありません。
左は粉にした物で、粉になるとColoral(コロラウ)というそうです。
スーパーで探したら「Colorifico」って売っていました。カラー(色)を付けるという名前なんでしょうか?
 とてもきれいなオレンジ&黄色なので、サフランが足りない時いいかも(笑)
e0204850_1240479.jpg                     これが実です。→

e0204850_1246565.jpg 油で熱を加えているうちに色が出てきます。
この時オリーブオイルだとオイルがこげて嫌な香りが出るので、普通のサラダオイルがいいそうです。

 粉のはすぐに色が出るので、その方が簡単です。



e0204850_12522078.jpg

 出来上がりはこれですが、眠くなったので作り方は明日です。014.gif




       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。