カテゴリ:旅行:ペルー( 4 )

 ペルーレストランに戻ります。

 市内観光の時のランチ。
観光客に人気のレストラン「La Rosa Nautica072.gif」ですが、地元の人にも人気。
e0204850_9125864.jpg
 ホテルのあったミラフローレス地区から見るとこんなかんじ。
海に突き出て、とってもロマンチック。016.gif
いかにもシーフードレストラン!!ってかんじ

 レストランの周りの海の中にはサーファーがうじゃうじゃいます。
写真の波間の黒い点はみんなサーファー。037.gif
e0204850_9144114.jpg

 下のレストランから見たミラフローレス地区。
山の手ですね。
 ペルーの海岸線は砂漠地帯なので、この地区は「Costa Verde」といってグリーンを植えているとのこと。




e0204850_9165616.jpg




 上にはパラグライダーの拠点があるらしく、いっぱい飛んでいました。







e0204850_9223368.jpg

 こんな近くにもスルーって降りてきます。
(ここは丘の上ですけど…)








e0204850_9305261.jpg

 駐車場から桟橋を歩いてレストランへ向かいます。
 わくわくします。
それから途中にはお土産屋さんがいっぱいあって、惹かれます。





e0204850_9414932.jpg
 下を見ると蟹がいっぱい

 なんて気を取られていると遅れます…




 とても混んでいるこのレストラン。10分遅れると予約を取り消されるのでご注意!!
待っている人もいっぱいです。(平日昼ですが…)005.gif


e0204850_9492715.jpg 市内観光に夢中で、遅れた私たち。
予約の席が無くなっていて、大もめにもめて、強引に席へ031.gif037.gif006.gif

 店内素敵です!!
海好きの徹ちゃん大満足。058.gif045.gif



メニューは前菜、メイン、デザートとも2品から選びます。29ソル(900円)ってガイドブックに書いてあるけど本当??安過ぎ!!
 ブラジルと比べて物価が安いって聞いていますが、こんなに??本当??

e0204850_1071445.jpg前菜1
セビッチェ
白身魚やたこ、海老、いか、貝などをレモンで酢絞めし、紫玉ねぎと和えたマリネ。

 これ、ガイドブックで見ていて「まずそう」って思っていたのですが、以外ととても美味しい。レモン(小さいライムみたいなレモン)の酸味が丁度良い。(酸っぱすぎない)
透き通った大きなとうもろこしも美味しい。

e0204850_11443290.jpg

 セビッチェのうえに乗っているのはピーマンではありません。
とても辛いハバネロみたいなの。
こんなに大きいの。




e0204850_10285912.jpg
前菜2 
帆立のグラタン
帆立はほぼ生で、さっくり火が通してある。
さっぱりして美味しい。








e0204850_10304384.jpg
メイン1
魚ソテー

 これ、ソースも美味しいけど、ポテトが美味しい!!
ゆでただけみたいだけどとても美味しい。




e0204850_10324127.jpgメイン2
海鮮リゾット

 これは豪華!!美味しい。






e0204850_10364854.jpg

デザート
クレープ
中はルクマのアイスクリーム。

e0204850_112543.jpgルクマはこれ
かぼちゃや栗のような香りで、まったりとした甘さのあるフルーツ。
このまま食べるのではなく、アイスクリームにしたり、プリンに入れたりするそうです。
また、昔は薬草として使われていて整腸、抗貧血、皮膚病、鎮咳に効果があるとのこと。


e0204850_1116359.jpg パン係のお兄さん。
焼きたてのおいしいパンをどんどん持って来てくれる。











e0204850_11191592.jpg

 それにしても気になる他人の皿。
 隣のテーブルの皿を撮らせてもらう。(笑)037.gif
海の幸4種盛り合わせ。2人分。というア・ラ・カルト。
美味しそうです。





e0204850_11364761.jpg 色々海の幸の鉄板焼き
これは別のテーブルの人の皿をこっそり撮影。
美味しそうです。


 観光客向けのようなレストランですけど、雰囲気もいいし、味も悪くない。
観光で行ったときはおすすめ。

 必ず予約&遅れない事。
La Rosa Nautica
Espigón 4 Circuito de Playas, Miraflores
Phones: (511) 445 0149



       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 ペルーではこの2年、食のブームであるらしい。
 今年の9月にはリマで大きな世界大会があるようだし、11月にはサンセバスチャンガストロノミーの特別テーマがペルー料理とのこと。

 確かにどこで何を食べても美味しい。ホテルのレストランでもびっくりする素敵な料理が出て来た。016.gif

e0204850_11412554.jpg ペルーに住む友人の息子さんが、その新しい運動の中心になっているらしく(9月の大会の実行委員になっている)、興味があったのでそのレストランに行ってみた。日本で修行して、日系人として、ペルーの料理との融合を目指しCocina Japonesa&Nikkeiがテーマだそうだ。034.gif

 TVにもしょっ中出ていて、忙しいらしい。

 なんか全く日本人です。037.gif





            e0204850_11475510.jpgMAIDO072.gif
 ミラフローレスという海に近い観光にも便利な一等地の一角。
入り口、とても素敵にしています。







e0204850_11521137.jpg
 2階と3階が客席になっています。

 まずは寿司カウンター







e0204850_11533131.jpg


 2階の客席は吹き抜けになっていて広々した感じ、カウンターの上の3階は個室になっています。
 それから横にガラスで仕切られてバーがあります。










料理はシェフにおまかせ。
e0204850_1155398.jpg豆腐
うにソース

リマオン(青い小さいレモン→ライムに近いかも…ゆずの代わりだそうです)
とびこのわさび漬け
クスコの塩(ウルバンバのピンクの塩)

 ウニソースは美味しいですが、豆腐とあわせるのはもったいないような…(笑)


e0204850_11594750.jpg

刺身盛り合わせ









e0204850_1205024.jpg



ポン酢+ロコト(ペルーの辛子)
めかぶ+胡麻+ごま油







e0204850_1284661.jpg
牛ハラミのにぎり
ウズラの卵の目玉焼き









e0204850_12103375.jpgフォアグラにぎり
マルドンの塩

うんまーい!!016.gif







e0204850_1212056.jpg豚バラ煮にぎり
ねぎ









e0204850_12133328.jpg




テーブルで炙ってくれる演出。





e0204850_1216594.jpgさより にぎり
アヒのソース
アヒは細長いピーマンみたいの







e0204850_12185671.jpg

ほたてにぎり
にんにくスライスかりかりとライム








e0204850_12233311.jpg豚バラ肉の春巻き
オランデースソース
ぴりぴり








e0204850_12245398.jpgオックステイル煮込み
ロゴトソース

レタスとぽんはぜ(米をぽんはぜにしてる)








e0204850_12281954.jpgわっぱで出てきました…











e0204850_12291785.jpg中には
そば
がちょこっと
&いくら&のり&ねぎ







e0204850_12301659.jpg
 そばつゆをテーブルでかけてくれる演出。
かけないでつけて食べたいなぁ













e0204850_12331870.jpg角煮と温泉卵
抹茶のおかゆ

 ちょっと甘い。

 もうお腹がいっぱい。
ここまで少し甘辛煮込み味が続くので、少しあきるかも…
煮込みがあったら焼き物とか揚げ物とか、味を変えるとか

 でも味はどれも美味しいので組み立てを少し変えたらとてもいいと思います。


e0204850_1237549.jpgシャーベット
レモン&チェリモヤ&ビタハイ
カムカム(ヴィタミンCがレモンの50倍)
マンゴ
いちご







e0204850_12405712.jpgルークマ
じゃがいもで作ったお菓子










e0204850_12422488.jpg 熱いソースをかけると溶けて、中からマメイ(くだもの;オレンジとメロンの味)のシャーベットが入っている。






e0204850_12463696.jpg コーヒーはこれから選ぶ













 お茶も頻繁に取り替えてくれるし、下に敷いてある紙も汚れるとすぐに取り替えてくれるし、色々な事に気をつけている。
 現地の食材もすごく取り入れていて、がんばっているなーってかんじがする。


 前日行ったという、たまたま日本から来ていたグルメな友人も「おいしかった」って言っていたから味は大丈夫!!
 平日ですが満席でしたので予約した方がいい。

 若者達でますます頑張って盛り上げて欲しい。

 MAIDO072.gif
Calle Colon 192,Miraflores
TEL;446-2512





       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 初めてのペルー旅行。
 あまりにたくさんの写真や体験に、なにから書きはじめて良いか混乱中です。039.gif

e0204850_5401563.jpg

 今まで南米って大体同じような国だと思っていたんですね。
 南米ってひとくくりにしてるし、あとアンデスやアマゾンなどのジャングルや南極近くの氷河や滝などの各地の自然…。
 歴史もインディオなどが住んでいる所に、スペイン人やポルトガル人が来て、金や作物を取って行って植民地にして、アフリカから奴隷を連れて来て…などなど

 今丁度「ブラジルを知る会」に入って、そんな所から独立までの事をやっていて、大体わかったような気がしていました。045.gif


 ところがブラジルと全然違うのでびっくり!046.gif

遺跡
ペルーというか太平洋側にはインカ帝国のずっとずっと前から、それこそエジプトや中国やチグリスユーフラテスに匹敵する文明があったのですね?(すみません知らなくて)025.gif
紀元前1000年くらい前からインカ帝国までをプレ・インカ072.gifというそうです

 まず首都リマの街中にも遺跡はあり、それにも驚き005.gif
それから太平洋に沿って海岸地方にずっと遺跡があります。
陶器や布など素晴らしい物が残っています。e0204850_652441.jpgこの布はパラカスの大布と呼ばれるものの一部。死者を埋葬する時に包んだ物だそうで、今から2000年〜3000年前のもの。乾燥地帯のため残っているとの事。









e0204850_619199.jpg


こんな大きい布です。










 それから人種
ブラジルはヨーロッパから、アフリカから、それから日本からも移民がいっぱいで、人種のるつぼ。(そうは言っても白人系55%、混血38%、黒人系6%、アジア系先住民族1%なんだそうな)
ペルーはインディヘナ(先住民族)45%、混血37%、ヨーロッパ系15%、3%。
そうその混血もあわせると82%もの先住民族はその昔アラスカを渡って来たと言われているのですが、日本人にいそうな感じの人が多い。(ちなみに私の弟そっくりの人を毎日何人も見かけました003.gif。それから姪に似た女の人も…笑)

 なんだかまじめでシャイで親切で、日本にいるようで親しみが持てました。

 そして食べ物
これまた日本人の味覚にぴったりな味!!
 ブラジルでいつも塩味の濃さに悩まされていますが、ペルーは優しい味。
多分人種と気候によるのでは?と思うのですが、食べ過ぎてお腹を壊しました。

 また太平洋沖で日本と同じく寒流と暖流がぶつかる所があるらしく、海の幸が美味しい。
e0204850_8443161.jpg
それからここ2年、食のブームだそうで、リマに食べ物の博物館が出来ていました。





e0204850_982812.jpg















e0204850_933584.jpg

 インディオの料理

 地面を掘ってその中に焼けた石を放り込み、その上に野菜や肉、で葉っぱをかぶせて土をかけて蒸し焼きにする。









e0204850_9335148.jpg 地方料理まで…



 この日は小学生の団体が来ていました、
食育に力を入れているようです。










 レストランの料理のレベルはびっくりもので、今年のスペインのサンセバスチャンのガストロノミーの大会はペルー料理なんだそうです。2年前は和食だったので私も山田シェフの手伝いで行きました。
 びっくりしたレストランは後ほどレポートいたします。



産業

 ブラジルは現在色々な産業がどんどんのびていて経済成長は著しいのですが、ペルーは観光産業がかなりの割合を占めるようです。
 そういえば、南米への旅行といえばペルーをのぞいては考えられないです。
マチュピチュ、クスコ、ナスカの地上絵、チチカカ湖。それにクスコの周りの遺跡群、リマ北部にはチャンチャン遺跡など、まだまだみどころはいっぱい。016.gif
 ですから治安には力を入れているようで、一時テロの心配はありましたが、このところは落ち着いているようです。市内もきれいで、ブラジルより安心感があります。(首絞め強盗がはやっているようですが…銃よりましか…?)



e0204850_11265433.jpg

 渋滞は同じです037.gif









       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。
 昨日ペルー旅行から帰ってきました。(これで54カ国になりました)
e0204850_124110.jpg



 ペルーといえばインカのマチュピチ遺跡ですが、今回はどうしても「INTI RAYMI」というお祭りに行きたくて、日程を決めました。006.gif

 太陽の神を祭るインカ時代のお祭りで、30年以上前にこのお祭りの存在を知ってから、ずっと行きたいと思っていたのです。016.gif
e0204850_1292688.jpg
6月24日の冬至に行われ、神なる太陽に安定した政治と豊作を祈願する日なのだそうです。
 サクサイワマンというクスコのすぐ近くのインカ時代の遺跡で行われるのも魅力!

 これは南米3大祭りのひとつで、リオのカーニバル、インティライミ、ボリビアのオルーロのカーニバルなんだそうです。

 私は知らなかったのですが、マチュピチュ以外にも素晴らしい遺跡がクスコの周りにいっぱいあって(首都リマの町中にも遺跡はあります)ゆったり日程を組んだにもかかわらず、主なものだけでも周りきれませんでした。すごい!005.gif



 おまけに今年はキリスト教も祭り「コルプス・クリスティ」という聖体祭も重なって、なんとー毎日お祭り三昧。024.gif
e0204850_1226925.jpg


 こんな聖人像の御神輿が15体。広場を練り歩きます。
コルプス・クリスティとは、復活祭の前日から60日目に行われるそうで、Wikiによると

聖体をあがめる祝日であって、イエスの人生での特定の出来事を祝うものではない。この木曜の祝日は、最後の晩餐における聖体の秘蹟と結び付けられている。この祝日は、三位一体の主日の後の木曜日に、または、一部で日曜日に持たれる。現在のカトリック教会典礼ではこの祝日は、至聖なるキリストの体と血の儀式とされている。

 のだそうです。

 インカの祭りインティライミで亡くなった皇帝のミイラを御神輿に担いで練り歩いていたのを見て驚いたスペイン人がインティライミを禁止し、この祭りを行っていたとのこと。
 スペイン各地であるようですが、地方に寄って輿に乗っているものが違ったり、色々あるようです。クスコのは15体の聖人像です。


 旅行の詳細はまたHPに順次アップしていきます。
写真7000枚くらい撮ったようです…037.gif(動画があるから3000枚位かな?)



 追伸:ペルーは食べ物が美味しくてびっくり!
    9月に大きな食の大会があるようなので、出来れば行きたい…
    食のレベルが南米1なんだそうです。本当にそう思います。
    それもHPにアップして行きます。


       053.gif   053.gif   053.gif

 Madame-Y のHPもあわせてご覧下さい。

 HPのメールアドレスは現在使用できません。
コメント欄に鍵付きで書き込みいただければお返事いたします。