D.O.M 後 編

 気を取り直して後編です042.gif

e0204850_362381.jpg7、skates(エイ)のソテー、
レモンとタイムとManteiga de garrafa(ブラジルのバター)風味
parsnip(人参みたいなの)の薫製、
ブロッコリー
ピーナッツの泡





e0204850_3591238.jpg

 この皿にあわせたアマゾンの水
野生のCajaまたの名をTaperebaタペレバ
e0204850_401568.jpge0204850_21451641.jpg



parsnipはこれ
赤くない人参かな?


e0204850_4133599.jpg
8、Batata doce(スイートポテト)を丸毎焼いたもの。焼き芋ってことですな?030.gif
マテをベースにしたベアルネーズソース

 マテ南米特産(アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルを原産)のイェルバ・マテの葉や小枝を乾燥させた茶葉に、水または湯を注ぎ成分を浸出した飲料。
ビタミンやミネラルの含有量が極めて高く、飲むサラダとも言われている


e0204850_8231670.jpg

ベアルネーズソースは簡単に言えばマヨネーズを作るのと同じで油をバターにしたもの。




 この皿にはこれです。
急にアマゾンじゃなくなりました(笑)003.gif





e0204850_429457.jpg9、Quirera(粗挽きトウモロコシ)
トーストしたブラジルバター
クリーム、卵黄、
焦がしミルク(キャラメルのこと?)


トーストしたブラジルバターは北部の乾燥地帯のもので、バターをボトルに入れて15日間太陽に晒しておくと保存食になる。のだそうです。

ポップコーン2種
①ポップコーンでポップしなかったコーン(真ん中クリームの上)
②ポップコーンでポップしたコーンのみじん(皿右手前)

 ポップコーンの塩味とキャラメルの甘さがマッチして、「塩味が完璧だ!」と隣で食べていた有名なフランス人科学者(料理化学)が絶賛していました。

e0204850_7423542.jpg10、パウミットのフェットチーネのカルボナーラ

 e0204850_750566.jpgパウミットは椰子の若芽でブラジルだと生でどこでも手に入りますが、日本では瓶詰めしか見た事がありません。
 これをフェットチーネ(きしめんのようなパスタ)の様に切り、それを卵黄&クリーム&チーズでカルボナーラ風にしたもの。
お約束のベーコンも散らしてあって面白い!

 
 パウミットは柔らかい子供の筍みたいかしら?瓶詰めは酸っぱいので好きではないのですが、生はとてもおいしいです。(っていうか筍同様味があまり無いため、食感を楽しむかな?)
 写真のように中身だけ剥いて売っている事が多いのですが、皮も付いていて、それをホイルでくるんでオーブンで1時間半焼いて、皮を割って中をほくほく食べるのが好きです!

e0204850_81515.jpg11、wild boar(いのしし)のヒレ肉のソテー
酢&玉ねぎ&ワイン&doce de leite(キャラメル)のソース(少々甘い)
猪だの鹿だの野生のものは甘酸っぱいソースがよくあいます。

付け合わせは、きのことcanjiquinhaってメニューには書いてあるけど、違うと思う!
メニアック(タピオカの一種だそうです)の細切りの揚げ物。

e0204850_8263750.jpg




 この皿にはこれです!
濃厚で野生の肉にぴったりです!








e0204850_8213478.jpge0204850_8281275.jpg














12、Aligotアリゴはフランスオーベルニュ地方の郷土料理で、じゃがいもをマッシュポテトにして、牛乳、チーズ、バターを加えて溶かし、練ってびょーんと延ばした料理。
 ここではポテトとチーズは半々にしているとのこと。

デザート
e0204850_849101.jpg13,Caraguataのアイスe0204850_8551415.jpg ブラジル中央部のワイルドフルーツ。
e0204850_8561042.jpg





パッションフルーツに10%バナナを加えたような味。039.gif

e0204850_85875.jpg
14、ブラジルナッツのタルト
ウイスキーアイスクリーム
カレー、チョコレート、塩、ルッコラ、チリオイル


 どこかにピリピリする香辛料が入っていて、とても辛い。(でも数秒で消える)
子供の嫌いなお菓子ということで、子供が苦手なものをいれているとのこと。


e0204850_942567.jpge0204850_995082.jpg



 レモングラスとミントのハーブティー
非常に美味しい!









 コーヒー紅茶に付いて来るプチフールがまたかわいい!
しかもチョコレートもタルトもマカロンもすごく美味しい!
手前にあるのは昔なつかしのキャラメルとクッキーだそうです。
それも素朴で美味しい。




e0204850_9141672.jpg
 ハンサムなシェフと2ショット!(でもこうしてみるとウサマ・ビン・ラーディンに似ていない事も無い…)

 厨房が見えるレストランはきびきび働かなくてはいけない!(でないと逆効果)
ここは清潔で、みんなきびきび働いているのが気持ちいい!038.gif


 このコースは特別のコースなので、通常コースは
4皿コース&チーズ&デザート1皿 280R$
8皿コース&チーズ&デザート2皿 400R$
  (2012年6月時点で)
もちろんこれに飲み物&税サがつきます。008.gif
絶対に8皿がおすすめだ。(しょっ中行く方はいいですが…滅多に行けない人は8皿がお勧め)

      MENUはこれ!!
e0204850_433538.jpg


 ヴェジタブルコースは
190R$(各種水無し)
220R$(6種類のアマゾンの水付き)


 次回はこれに挑戦してみたい!(肉好きなのでついいつも肉入りコースになってしまいます)

 それからランチコースがありますが、ランチは近くにあるカジュアルなDALVA E DITO072.gifとほぼ同じで、料金は少し高い。だったらDALVA E DITOに行った方が良い。
 昼でも夜のコースを食べる事が出来るので、ここまで来るなら腹をくくって夜の8皿のコースがいい。
 アマゾンのフルーツに興味のある方は、8皿コースにアマゾンの水も!!と聞いてみるのも良いかも

 D.O.M.
Rua Barão de Capanema, 549
TEL;11-3088-0761

ランチ 月〜金 12時〜3時
ディナー月〜土  19時〜24時
日曜休み


 




昔のブログ
058.gifjournalハワイな日々072.gif
067.gifmadameYの美味しい話072.gif
もあわせてご覧下さい。